Journal Article 職場うつ予防のための組織シミュレータに関する一考察(第2報) ―メッセージ受発信関数の実装とシミュレータの試作―
ショクバ ウツ ヨボウ ノ タメノ ソシキ シミュレータ ニ カンスル イチ コウサツ ダイ 2 ホウ メッセージ ジュハッシン カンスウ ノ ジッソウ ト シミュレータ ノ シサク 
A Study on Organization Simulator as a Means to Prevent Workplace Depression Part 2 -Message Receiving/Sending Function and Prototyping of Simulator-

塩野目, 剛亮  ,  森, 浩平

115 ( 491 )  , pp.77 - 82 , 2016-03 , 一般社団法人電子情報通信学会
ISSN:09135685
NCID:AA1155230X
Description
本研究では,職場うつ予防のための組織シミュレータを試作し,人間関係の変動の可視化について検討している.本稿では,メッセージ理論のモデルに基づき基本的な機能を持つシミュレータを試作し,個人の受発信特性が組織の状況に与える影響について検討している.個人のやりとりするメッセージの受発信特性をポジティブ,ネガティブに変化させることで,組織内の人間関係の変動の傾向が変化していくことを示している.シミュレーションの結果から,ネガティブな受発信特性が社会的孤立や個人のメンタルヘルス低下をもたらすことがわかる.
In this report, we investigate the communication model toconstruct the organization simulator as a means to prevent workplacedepression. The communication model based on the message theory showsthat the message positivity and negativity, and the personal messagereceiving/sending characteristics affect the variances of humanrelationships and their mental health. We have investigated thebehaviors of human relationships and the effects of the messagereceiving/sending characteristics using the prototype of organizationsimulator. As a result, the personal and organizational statuseschanged by depending on the message receiving/sending characteristics.Furthermore, tendency of the social isolation and the personal mentalillness were also shown.
Full-Text

http://www.tsukuba-tech.ac.jp/repo/dspace/bitstream/10460/1448/1/298.pdf

Number of accesses :  

Other information