紀要論文 グループワークにおける参加していないことの構築 : フランス語初級クラスの相互行為分析から
グループ ワーク ニオケル サンカ シテ イナイ コト ノ コウチク フランスゴ ショキュウ クラス ノ ソウゴ コウイ ブンセキ カラ
Construction of "Non-Participation" in Group Work : Interaction Analysis in a French Beginner Class

大山, 大樹

14 ( 2 )  , pp.1 - 11 , 2017-04
ISSN:1349-2152
NII書誌ID(NCID):AA12092227
内容記述
グループワークに関するこれまでの研究では、発語していない学習者は参加していないと捉えられてきたが、学習者の相互行為を詳細に分析した研究によると、彼らも発語ではないかたちで主体的に参加しているという。しかし、我々の経験から言って、参加していないと思われる学習者がいることも確かである。では、発語していないことを根拠に参加していないと言えないとすると、何をもって「参加していない」と言えるのか。また、参加していないことはグループの相互行為を阻害しているのか。この問題意識のもと、実際の動画データを詳細に分析した結果、参加していないことは復帰の場面が組織されることによって作り為されること、そして必ずしもやりとりを阻害しないことが分かった。これらの分析結果に基づき、教師は、参加していないかどうかの判断を慎重に行うべきであり、その確認のためには問いかけることが現実的な方法であることを指摘した。
The main purpose of this paper was to explore what "non-participation" is in group work and to propose ways teachers could deal with it, based on detailed observation of students' interactions.In recent years, there has been a great deal of debate about active learning in the classroom, and group work has become a more popular choice as a way to make students learn autonomously and collaboratively. According to some of the latest research based on detailed observation of students’ interactions in group work, students interact verbally and nonverbally. If so, what is "non-participation" in group work? Judging from our experience, it is certain that sometimes non-participation exists in group work. The subject of analysis is one of the groups in a French beginner class at a Japanese university. The theoretical background of this class is collaborative learning based on constructionism and interactionism. The group consists of 4 students who are studying French as a foreign language. The research was based on de ailed observation of interactions among the students, which were recorded on video and analyzed through interaction analysis. In this group, we observed the situation in which a student asked a question to the other members about what they were discussing at that moment. This case was examined with the transcripts consisting of their utterances, eye motions, and behaviors. The analysis revealed that non-participation is one of the situations constructed collaboratively and does not always impede progress in group work. The result indicates that teachers need to carefully determine who does not participate and that asking a question to students is a realistic way to do so.
本文を読む

http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/contents/osakacu/kiyo/DBn0140201.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報