紀要論文 高齢受刑者の医療を受ける権利の保障とその手段としての早期釈放制度の積極的運用(四) (大阪市立大学法学研究科法曹養成専攻創立10周年記念講演会)
コウレイ ジュケイシャ ノ イリョウ オ ウケル ケンリ ノ ホショウ ト ソノ シュダン トシテノ ソウキ シャクホウ セイド ノ セッキョクテキ ウンヨウ 4 オオサカ シリツ ダイガク ホウガク ケンキュウカ ホウソウ ヨウセイ センコウ ソウリツ 10シュウネン キネン コウエンカイ
La necessite de l'application active de la liberation conditionnelle et de la suspension de peine pour respecter le dignite et le droit de sante des detenus ages(4) (Commemorating the 10th Anniversary of the Law School, Osaka City University)

安田, 恵美

61 ( 3 )  , pp.596 - 638 , 2015-09 , 大阪市立大学法学会
ISSN:0441-0351
NII書誌ID(NCID):AN00029724
本文を読む

http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/contents/osakacu/kiyo/DBc0610304.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報