紀要論文 シカゴ時代(1894-1904年)におけるデューイの「レシテーション(recitation)」論の特色に関する一考察 : デューイによる「学び(learning)のタイプ」のとらえ方に着目して (湯浅恭正教授 : 美濃正教授 : 退任記念)
シカゴ ジダイ 1894-1904ネン ニオケル デューイ ノ レシテーション recitationロン ノ トクショク ニ カンスル イチコウサツ デューイ ニヨル マナビ learning ノ タイプ ノ トラエカタ ニ チャクモク シテ ユアサ タカマサ キョウジュ ミノ タダシ キョウジュ タイニン キネン
A Study on the Characteristics of Dewey's Theory on "Recitation" in his Chicago Period(1894–1904) : Focusing on his consideration of "Type of learning" (DEDICATED TO Professor YUASA Takamasa and Professor MINO Tadashi)

森, 久佳

67pp.123 - 139 , 2016-03
ISSN:0491-3329
NII書誌ID(NCID):AN00029688
本文を読む

http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/infolib/user_contents/kiyo/DBd0670008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報