紀要論文 大阪市立大学中小企業支援法律センターにおける中小企業支援法律相談事業を通じた臨床法教育の実践及び法律相談データの分析
オオサカ シリツ ダイガク チュウショウ キギョウ シエン ホウリツ センター ニオケル チュウショウ キギョウ シエン ホウリツ ソウダン ジギョウ オ ツウジタ リンショウホウ キョウイク ノ ジッセン オヨビ ホウリツ ソウダン データ ノ ブンセキ
Practice of Clinical Legal Education through Osaka City University Medium and small-sized Business Support Legal Center and Analysis of Legal advice data

原田, 裕彦

13 ( 1 )  , pp.1 - 8 , 2015-10
ISSN:1349-2152
NII書誌ID(NCID):AA12092227
内容記述
大阪市立大学中小企業支援法律センターにおける中小企業支援法律相談事業は、本学法学研究科法曹養成専攻に対する大学評価・学位授与機構における認証評価においても、特筆すべき点として、積極的に評価されている。センター開設以来、10年を経過したので相談内容のデータを分析してみた。全般の傾向として、中小企業の典型的な相談内容を網羅しており、特殊な偏りは見受けられない。従って、中小企業の支援を目指す弁護士になるための臨床法教育として、本事業は適当な教材を提供している。公立大学としての本学が果たすべき役割として、地域に対する社会貢献は重要な要素を占めるものであり、本学の第二期中期計画にも関連する。しかし、予算の制約から開催回数が減らされ、そのため相談申込件数が減少し、それはデータからも裏付けられた。相談件数が少なければ、学生に臨床経験をさせることも減少する。かように安定的な予算を欠いていることが、本事業最大の問題点である。
本文を読む

http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/infolib/user_contents/kiyo/DBn0130101.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報