Departmental Bulletin Paper 次世代の大学図書館を目指して : 山口県立大学大学図書館の取り組みについて

岩野, 雅子  ,  松田, 和也

11pp.101 - 109 , 2018-02-28 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
Description
中央教育審議会『学士課程教育の構築に向けて(審議のまとめ)』(平成20年)をはじめ、『新たな未来を築くための大学教育の質的転換にむけて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~』(平成24年)では、学生の主体的な学びのベースとなる図書館の機能強化が図られ、多くの大学図書館内にラーニングコモンズ(アクティブ・ラーニング・スペース)が設置されるようになった。静かな大学図書館から、能動的な学びで賑わい溢れるより自由な大学図書館への変身である。また、『大学図書館の整備について(審議のまとめ)-変革する大学にあって求められる大学図書館像-』(平成22年)は、これからの大学図書館像を考えるための大きな指針となるものである。電子化の進展や学習支援のあり方をはじめ、大学図書館は学術情報センターとなり、そこで働く大学職員に期待される役割や専門性についても大きく変わってきている。大学図書館における先進的事例が数多く公開されるなかにあって、キャンパス内の学生の流れについて大学図書館を中心に考える新たな構想が次々と生まれている。本学では北キャンパスに建設予定の図書館設計にあたり、これらの新しい動きについて検討した。特に、全国の国公私立大学図書館で進む電子書籍導入や電子図書館化、ラーニングコモンズや学生協働等による環境づくり、大学図書館員の専門性等に着目した。近い将来を見据え、ここでは、本学図書館の新図書館への移行に向けた取り組みをまとめる。また、各種大学図書館協議会ならびに研修会での議論についても記録を残し、今後の資料とすることを目的とする。
The form of University library has been undertaking a process of great change. The Ministry of Education and Sciences in Japan, together with the Central Education Council, announced a series of reports, renewing older images, purposes and functions of University library in Japan. In order to educate active future learners, University libraries needed to be also active learning spaces, benefitted by recent development of information technologies. The report entitled as ‘A Provision for University Library―An image of University library required for Higher Education Institutions in fast changing societies’ in 2010 was a landmark to break a wall. The old-fashioned image of University library as a quiet academic space,changed to that for much active learners’ common space. University library has now become a media and information center for academic purposes. University staff who serve to such spaces needed to change also in terms of their roles and specialization. A new University library will be added to the north campus of this university in a few years’ time, and hence, a new generation of University library has been discussed. Especially, expansion of electric books and journals, a form of electric library, design of learning commons and active learning centers, the development of university librarians and staff-tudents’ co-activities to improve the use of University library. This paper aimed to summarize current attempts and efforts made in this University library, together with discussions witnessed in several committee meetings and training programs. It is hoped that this paper will help to think about a future development of this University library for up-coming young students.
Full-Text

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1500/20180412172319/13.gen_IWANO.pdf

Number of accesses :  

Other information