Departmental Bulletin Paper カナダのブリティッシュ・コロンビア州における電子診療データの二次利用

増成, 直美

11pp.73 - 86 , 2018-02-28 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
Description
更新のたびに繰り返しデータリンケージが行われる行政データへのアクセス権を研究者に提供することには、多くの利点がある。たとえば、開示リスク、個人の時間の使用、研究のコストを最小限に抑えることができる、氏名や他の識別データが含まれる一次データの収集が減少する等々である。これらのデータの研究利用は、住民の医療と福祉を向上させうる政策立案のためのエビデンスを提供する大きな可能性を秘めている。しかしながら、これらの使用は、利用可能なデータセットが増加するので、特に、慎重なコントロールが要求される。PopData は、法律やデータ管理者のプライバシー関連要件だけでなく、情報が研究のために使用されている住民の期待に応えるために、PbD を採用している。継続的な技術開発は、物理的および技術的なインフラストラクチャの洗練を求めている。そしてPopData は、常に人間の誤りやすさに対して警戒する。個人レベルの情報を再利用する研究は、公共政策や住民の福祉の向上に貢献する。
There are many advantages to providing researchers with access to administrative data that data linkage is repeatedly performed on each update. For example, disclosure risk, use of personal time, research cost can be minimized, collection of primary data including name and other identification data decreases, and so on. Research and use of these data holds great potential to provide evidence for policy planning that can improve the medical care and welfare of residents. However, these uses require careful control, especially as the number of available data sets increases. PopData employs Privacy by Design not only for privacy related requirements of laws and data administrators, but also to respond to the expectations of residents whose information used for research. Continued technical development calls for sophistication of physical and technical infrastructure. And PopData always warns against human error susceptibility. Research that reuses individual level information contributes to public policy and improving the welfare of residents.
Full-Text

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1485/20180412171453/10.nursing_MASUNARI.pdf

Number of accesses :  

Other information