紀要論文 イチゴ葉の抗酸化活性及び酵素阻害活性の検討

人見, 英里  ,  小林, 奈央  ,  吉本, 菜美

11pp.37 - 43 , 2018-02-28 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
果実収穫後に廃棄されているイチゴ葉の有効利用をはかることを目的として、イチゴ葉の抗酸化活性及び酵素阻害活性の検討を行った。山口県防府市で栽培された2 品種のイチゴ「紅ほっぺ」「おいC ベリー」の葉部を乾燥させたものを試料として80% エタノールで抽出し、総ポリフェノール量、抗酸化性の指標としてDPPH ラジカル捕捉活性、膵リパーゼ、マルターゼ、α - アミラーゼ、チロシナーゼの各種酵素阻害活性の測定を行った。その結果、いずれの品種においてもDPPH ラジカル捕捉活性を示した。酵素阻害活性では、いずれの品種においてもリパーゼ阻害活性が強く、チロシナーゼ阻害では中程度の活性を示し、マルターゼ及びα-アミラーゼ阻害活性は強くなかった。ポリフェノール量とこれらの活性に高い相関がみられたことから、これらの作用は葉に含まれるポリフェノールによるものと推察された。
We investigated the antioxidant and enzyme inhibitory activity of strawberry leaves for the purpose of effective utilization of the strawberry leaves discarded after fruit harvest. The dried leaves of two strawberry cultivars (Benihoppe and OiCberry) grown in Hofu City, Yamaguchi Prefecture, were extracted with 80% ethanol. The total polyphenol content, DPPH radical scavenging activity, pancreatic lipase, maltase, α -amylase and tyrosinase inhibitory activities were measured. As a result, DPPH radical scavenging activity was exhibited in all cultivars. In enzyme inhibitory activity, lipase inhibitory activity was strongest. Moderate activity was shown by tyrosinase inhibition, and maltase and α -amylase inhibitory-activities were not strong. Because of the strong correlation between the amount of polyphenol and these activities, these effects were inferred to be due to polyphenols contained in the leaves.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1480/20180412114430/05.nursing_Hitomi.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報