Departmental Bulletin Paper 関連予防法下における「癩豫防ニ關スル法律」の法理 : コレラ・伝染病・「癩」と地域社会

中村, 文哉

11pp.59 - 97 , 2018‐02‐28 , 山口県立大学
ISSN:2189‐4825
Description
1900年前後には、コレラに始まる伝染病や感染症をめぐり、公衆衛生に関わる多くの「豫防法」が公布された。論文タイトルに示される「関連予防法」とは、これら一連の法を指す。本稿の主題をなす「癩豫防ニ關スル法律」(以下、1907年法と略記)も、その一連の流れの中で、1907年に公布された。本稿は、1907年法の法理と、関連予防法との関連性を検討し、関連予防法のなかでの1907年法の位置づけを考察する。そのための予備的作業として、本稿の前半部分である1と2では、関連予防法、取り分け「虎烈刺病豫防心得」から「伝染病豫防法」に至る諸法を取り上げ、地域社会における防疫体制が、どの様に組織化されたのかを追うことに紙幅を割きたい。というのも、この組織化が、地域社会におけるハンセン病予防対策に、影響をもたらしたと考えられるからである。以下、1では、伝染病予防体制の組織化の過程を、関連予防法の條文から追う。2では、地域社会での伝染病予防体制の組織化を、追う。3では「癩豫防ニ關スル法律」(1907年法)の法理を検討する。この検討を通して、同法が救恤的性格を持つことが示される。4 では、沖縄の地方制度と当時の沖繩縣の状況を踏まえながら、「癩豫防ニ關スル法律」と関連予防法との関連性を検討し、「癩豫防ニ關スル法律」の各條項が、法上、如何にしてハンセン病罹患者に及ぶのかを考察する。以上の検討に基づく本稿の結論として、第一に、「癩豫防ニ關スル法律」と関連予防法とは、入子状のモザイク的な構造連関のもとに構成されていること、第二に、「癩豫防ニ關スル法律」は、患者のみならず、その同伴者・同居人の救護を目的とした救恤法として位置づけられる点が、それぞれ示される。
Before and after in 1900, many “Prevention Laws” for some infectiouses had been proclaimed:for example cholera, diphtheria, dysentery, typhus, pesto, etc. In this paper, we consider on some relationships between “Leprocy Prevention Law” at 1907 and “the Other Prevention Law” which was proclaimed in the series before and after at the middle years of Meiji’s era. Our consideration presuppose the following point at issue; it would be need to institute the regional organization for prevention to spred infectiouses. This point relates to the social problem of Hansen’s disease. Because the accommodation of inpatient with Hansen’s disease would be possible to cooperate with the regional organization for prevention. The following is the contention in this paper. In chapter 1, we trace the historical backgrounds of some legislating proceses concerning with some relevant prevention Laws. In chapter 2, we consider on the some proceses of regional organization for sanitation. In chapter 3, we consider on the theoretical structure of“Leprocy Prevention Law” at 1907. In chapter 4, we have some insights concerning with relationships between“ Leprocy Prevention Law” at 1907 and“ the Other Prevention Law”. The following is our conclutions. The aims of “Leprocy Prevention Law” at 1907 is not make force to accommodate all patiens with Hansen disease to sanitarium, but rescue them from some poor situations. This law would be able to guarantee the patient’s lights of well-living. This law was constituted some similarities or relationships between“ the Other Prevention Law” and the relevant laws for poverty.
Full-Text

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1470/20180412113026/06.social_NAKAMURA.pdf

Number of accesses :  

Other information