紀要論文 重症心身障害児・者と係わるある支援者における係わりの変容過程 : 複線径路・等至性モデル(TEM)を用いた変容過程の分析

永瀬, 開  ,  大石, 由起子  ,  角田, 憲治  ,  藤田, 久美

11pp.1 - 11 , 2018-02-28 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
本研究では、重症心身障害児・者と係わる支援者が支援を継続していく中で、その係わりをどのように変容させていくのかを明らかにした。その結果、支援者は係わりの当初、重症心身障害児・者における反応の希薄さや体調の波の大きさといった特徴から、係わりの分からなさを感じる。しかしながら、係わりを継続していく中で、利用者理解を深め、様々な係わりを試行錯誤することを通して自身の係わりを確立していくプロセスが示された。またこのプロセスには、他の職員の係わりを見ることや、利用者の両親の話を聞くことなどの、自身の係わりを相対化させる要因が影響を与えていることも示唆された。
The aim of this study was to examine the process of changes in support for individuals with profound and multiple disabilities. We interviewed support persons who had been working in a nursing home for individuals with profound and multiple disabilities, and asked them about the process of changes in support for them. The results were as follows : (a) in the beginning, when a support person started working in a nursing home he/she was bewildered by the poor reactions of the individuals with profound and multiple disabilities; (b) a support person consolidated the method of supporting individuals with profound and multiple disabilities through trial and error; and (c) it is important to compare the support methods an individual uses with either those of others or the previous ones he/she used.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1465/20180412112648/01.social_NAGASE.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報