紀要論文 服飾におけるデザインの再生 : 古着の活用としての服飾デザイン

松尾, 量子

11pp.93 - 102 , 2018-02-28 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
着用されなくなった衣服を何らかの手段によって活用しようとする試みは、個人的な衣服のリサイクルやリユース、アパレル企業やデザイナーによる環境や社会に対する配慮を意識した動き、さらには古着を用いた芸術作品やアート・プロジェクトまで様々である。デザインや芸術において、古着は、着用者の個人的な記憶の媒体として用いられる場合と造形の素材として用いられる場合がある。本研究では、筆者が2002年から行ってきた古着を素材とした服飾デザインに関する創作研究を振り返ることによって、服飾デザインにおいて、古着を用いることの意味について考える。
The recycling of clothes has been widely practiced on various levels for some time; quite a few people recycle privately, environmentally conscious activities are held by apparel companies or fashion designers, and artists organize recycling projects based on their own concepts. In the field of art and design, old clothes are sometimes used as a medium for expressing the personal memory of the wearer and sometimes used as a molding material. In this paper, I would like to think about the meaning of using old clothes as a material in clothing design through creative research have been doing since 2002.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1455/20180412111059/11.inter_MATSUO.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報