紀要論文 文化創造と持続可能性 : 地域資源と服飾デザインによる実践的研究

水谷, 由美子

11pp.47 - 59 , 2018-02-28 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
文化は一定の地域のコミュニティで共有され、受容される考え、信念そして習慣、そして創造は前に存在していないものを存在させることとしてここでは解釈される。従って、「文化創造」とはある地域コミュニティで創造されたことが、人々の持続可能な活動によって文化として定着させられることだと定義される。本論は、主に服飾デザインの分野から考えると、地域資源を活かした服飾デザインを地域に紹介し定着させていくための手段としてファッションショーが有効な手段として機能することについて検証することを目的としている。そのために、筆者が京都時代に活動した事例を検証しつつ、山口県立大学において長年、地域資源を活かしたファッションショーが、地域活性化や地域コミュニティ作りにどのように作用できているか、また今後の課題について述べた。
In this paper that ‘culture’ is defined as the ideas, beliefs, and customs that are shared and accepted by people in a social community and ‘creation’ is concept of making something that did not exist before. Therefore, "creation of culture" is defined as that which is created in a local community is to be established as a culture by the sustainable activities of local people. The purpose of this thesis is to verify that the fashion show functions as an effective means for introducing and consolidating clothing design making use of regional resources, mainly from the field of costume design. To that end, using the experience gained while the author was active in the Kyoto era, this paper explains how and where many fashion shows were realized utilizing regional resources in order to create and revitalize regional communities through the activities in Yamaguchi Prefectural University.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1450/20180412110630/06.inter_MIZUTANI.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報