紀要論文 医療施設の看護師を対象とした感染管理実践研修の有用性の評価と課題

家入, 裕子  ,  小坂, まり子  ,  吉村, 眞理  ,  藤村, 孝枝

9pp.105 - 114 , 2016-03-31 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
医療が高度化、高齢化する中で患者への質の高い医療、効率的な医療を提供するために感染防止対策を推進することが重要であり、感染防止対策に係る専門的な知識・技術を有する人材が不可欠である。本看護研修センターで平成24年から3年間、地域の保健医療施設に従事する看護職者を対象とした感染管理実践研修を実施し、その有用性の評価と今後の課題について検討するための質問紙調査を実施した。335名(76.3%)から有効な回答を得、看護管理者17.0%、感染管理担当看護師22.4%、感染リンクナース34.3%、その他(スタッフナース)26.3%であった。回答者の89.0%が研修受講後に所属施設で何らかの感染防止対策の実践活動ができ、感染防止対策マニュアル作成、院内ラウンド、看護・介護ケア手順の改善・評価など多岐に渡っていた。役割別にみると看護管理者、感染管理担当看護師、感染リンクナースの感染防止対策活動実施率は、その他に比べ有意に高かった。特に看護管理者はサーベイランス以外の感染防止対策活動の実施率が高く、感染管理を推進する上で、看護管理者の意識改革が重要である。また、今後の活動支援として、感染管理に携わる看護師間の情報交換及び感染管理認定看護師による、より専門的な支援を可能とする地域支援ネットワークの構築が重要である。
Nursing education center of Yamaguchi Prefectural University did Infection Control education for healthcare facility’s nurses to 2015 from 2012. This study investigated the effect and issue against the education. Questionnaires were distributed to the 436 participants, and 335 participants responded (76.3%). The role in the respondent in their facilities is nursing administrators (17.0%), infection control nurses(22.4%), infection control link nurses(34.3%), and other staffs(6.3%). A respondent of 286(89.0%) did infection control activity in their facilities, such as make the infection prevention manuals, round on the facility, improve nursing care procedure, and many other activities. Especially, nursing administrators had a high implementation rate of the infection prevention measure. We recommend education to a nursing administrator for practice of a more effective infection prevention measure. And, we have to make a local networking system of infection management for communication between the infection control nurses and get support by CNIC.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1343/20160427114734/15.nursing_IEIRI.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報