紀要論文 栄養学科実験科目の一授業で導入されたグループ学習とeラーニングの有効性と問題点

畔津, 忠博  ,  森山, 結香  ,  宇田川, 暢  ,  繁田, 真弓  ,  人見, 英里  ,  長坂, 祐二  ,  加藤, 元士

9pp.63 - 68 , 2016-03-31 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
本学の栄養学科で開講されている病態栄養学実験は、実験を通して生体への理解を深めることを目的としている。この科目では、学習効果を高めるためにグループ学習を取り入れている。また、eラーニングシステムを利用し、グループ学習で得られた成果をグループ外の学生でも共有できるよう配慮している。本稿では、2014年度の授業におけるグループ学習とeラーニングの効果や問題点に関して、他者評価、自己評価、授業評価、学習時間などの結果を基に報告する。
The pathological nutrition experiments based class, taught in the department of human nutrition is aimed for students to acquire a deep understanding about living bodies through experiments. In this class, group learning is introduced to improve the learning effectiveness. In addition, an e-learning system is used to share learning outcomes obtained through group learning with other students who do not belong to the group. This paper reports the effectiveness and problems of group learning and e-learning experienced in this class for the academic year 2014 based on the results of self-evaluation, peerevaluation, class evaluation and the amount of learning time.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1337/20160427112803/09.nursing_AZETSU.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報