紀要論文 インドネシア共和国の妊産婦保健の現状と妊産婦の健康改善のための戦略に関する文献レビュー

田中, 和子  ,  中本, 朋子  ,  吉村, 耕一  ,  浦山, 晶美

9pp.55 - 61 , 2016-03-31 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
目的:開発途上国における妊産婦の健康改善は、世界的に取り組むべき課題である。本稿の目的は、インドネシアの妊産婦保健の現状と健康改善のためのインドネシア政府の政策について、統計資料や既存の文献から、概観することである。方法:データベースを用い、インドネシアの妊産婦保健に関する2005年以降の文献を検索した。結果:インドネシアの妊産婦死亡率は改善されてきているが、ASEAN原加盟国の中で最も悪く、ミレニアム開発目標5は達成できていない。保健政策として、コミュニティを動員したプログラムを実施しているが、エビデンスに基づく成果はまだみられていない。結論:インドネシアの妊産婦の健康を改善するためには、妊産婦と家族、コミュニティだけでなくだけでなく、医療従事者をエンパワーすることを含め、より包括的なアプローチが必要である。
Objective:Approach to improve maternal health in developing countries is a global issue. The purpose of this study was to review the current situation of maternal health in Indonesia and examine the government strategy to improve maternal health in Indonesia using a review of the statistical data and previous research. Methods:A literature search was conducted using electronic databases and we collected and reviewed papers on maternal health in Indonesia that were published after 2005. Results:Maternal mortality rate in Indonesia has been reduced, but the Millennium Development Goal 5 has not yet been achieved and the rate is still the highest among the original members of ASEAN. The Indonesian government has conducted a community based program to reduce maternal mortality, but it remains unclear whether this current program has been effective in improving maternal health in Indonesia. Conclusion:In order to improve maternal and child health in Indonesia, it is necessary to have a more comprehensive approach that will empower not only pregnant women and their family members and community but also the providers.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1336/20160427112716/08.nursing_TANAKA.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報