紀要論文 大学生および成人を対象とした男性同性愛者に対する意識について : 当事者による講演会の参加前後の比較から

佐々木, 直美

9pp.33 - 40 , 2016-03-31 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
最近では以前に比べてニュースやテレビ番組でセクシュアル・マイノリティが取り上げられることが増えたが、セクシュアル・マイノリティに対する知識の不確かや曖昧さは未だ多いと推測される。そこで本研究では、大学内で実施する男性同性愛者当事者による講演会に参加することが男性同性愛者に対するイメージの変容につながるかどうかについて検討を行った。対象は、A県の大学生、学内の教職員および外部の保健センター職員であり、講演会への参加は自由意志とした。講演会の構成は、同性愛者に対する対応の仕方に関する講演会や当事者2名による人生の振り返りに関する対談が中心であった。まず、同性愛に関するイメージ尺度の因子分析を行った結果、「危険さ」「身近さ」「幸福さ」の3因子が抽出された。それを用いて講演会の参加前後でイメージの比較を行った結果、大学生もそれ以外の職員も講演会後では危険さが減少し、身近さと幸福さが増していた。また講演会での学びが今後どのように活かせると考えるかに関する自由記述では、「人も性も多様であることを認める」、「同性愛者を尊重し、理解ある態度で接することができる」といった性の多様性の理解や同性愛者への適切な対応や、「友人・他者にも同性愛者への関わり方や理解を伝える」、「セクシュアル・マイノリティ理解のための社会啓発活動への意欲」といった他者や社会に同性愛に関して正しい理解を求める態度などが見受けられた。
Recently, it is increased that sexual-minority is taken up by news and a TV program compared with before recently. But it is supposed if there are still many uncertainty and vagueness of the knowledge for sexual-minority. Therefore, in this study, it examined the transformation of the image for the male homosexual to attend the lecture by the person concerned. Participants were the university students in A prefecture, teaching staffs member on campus and health center staffs of the university. The participation in the lecture was free will. The manner of the correspondence to a homosexual and the life review by 2 persons concerned was a center for the construction of the lecture. First, as a result of having performed the factor analysis of the image scale about the homosexuality, 3 factors of "dangerousness" "familiarity" "happiness" were extracted. In the comparison before and after the lecture participation, the dangerousness decreased and the familiarity and the happiness increased in all participants after the lecture participation. In addition, from the free description that how learning in the lecture could be utilized in future, two following opinions were founded, for example. 1)Understanding of sexual diversity and appropriate correspondence to a homosexual : “It could be admitted that the individuality and the sexuality are various”, “It's possible to respect a homosexual and to meet by the sympathetic attitude.” 2)The attitude that promotes the appropriate understanding about the homosexuality for others and society : “How to concern to a homosexual and understanding are told to my friend and others.”, ”The will to social enlightenment activity for sexual-minority understanding.”.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1333/20160427111126/05.nursing_SASAKI.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報