Departmental Bulletin Paper 障害者にとってのスポーツの意義 : ある障害者陸上競技クラブからの一考察

伊東, 郁

9pp.145 - 151 , 2016-03 , 山口県立大学
本研究は、障害者陸上競技クラブの選手・保護者の語りから障害者にとってのスポーツの意義について考察したものである。語り手は5 名で、半構造化面接を用いて調査をした。リハビリとして始まった障害者スポーツは、身体面のリハビリだけでなく精神面でも良い影響を与えていること、スポーツはその人の生活の軸となるようなものにまで発展していることが示唆された。
This study is consideration from the disability athletics club of players, parents about the significance of sports for people with disabilities. The investigated using a structured interview from five people. Disability sports was began as a rehabilitation, that is not only rehabilitation of the body surface, but also positive impact in mental. Also it is suggested that sports have developed into something like the axis of the person's life.

Number of accesses :  

Other information