紀要論文 定時制高校生への修学継続支援としての居場所づくりから学習支援への展開 : 個別支援から政策形成に至るコレクティブ・アプローチ実践

内田, 充範

9pp.47 - 58 , 2016-03 , 山口県立大学
ISSN:2189-4825
内容記述
本稿では、定時制高校における修学継続支援として、行政、高校、社会福祉法人、NPO法人が連携して取り組んでいる居場所づくり・学習支援カフェ事業の実施状況をコレクティブ・アプローチの展開プロセスを用いて検証した。その結果、この取り組みは、カフェ事業を中心として定時制高校生への個別支援からネットワーク構築を伴う地域支援を経て政策形成に至るコレクティブ・アプローチ実践であることを明らかにした。また、自から助けを求めにくい現代社会において、このようなカフェ事業を中心とした取り組みは効果的な取り組みであり、その展開プロセスにおいて構築されるネットワークが、学校、公的機関、社会資源に家庭を加えたネットワークへと発展していくことが望ましいと考える。
The government has been collaborating with evening high schools, social welfare corporations, NPO corporations on a project to provide a place of belonging, study support to evening high school students, in order to facilitate their regular attendance. In this study, the state of implementation of the project was verified, as compared with the development process of the collective approach. Consequently, this support project was found to involve the implementation of a collective approach that develops individual support for evening high school students into policymaking, through community support accompanied by network building. In the modern society, where people face difficulties in obtaining help, a support project such as this is an effective approach and the network built through its development process is beneficial for growing into a network of homes and schools, public agencies, and social resources.
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/file/1323/20160427110141/04.social_UCHIDA.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報