紀要論文 アクティブラーニングの推進とその効果の測定-BAL(Barometer of Active Learning)値と課題解決力評価ルーブリック

岡野 啓介

83pp.35 - 52 , 201612 , 徳山大学経済学会
ISSN:0287-3680
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/tu/file/982/20170530103103/TU10083000003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報