学術雑誌論文 "Comparative Study of Stress and Burnout among Nurses and Caregivers during End-of-Life Care"
"終末期ケアにおける看護職と介護職のストレスと 燃え尽き症候の比較研究"

SEPTARINA,Lira  ,  SUMII,Hiroshi  ,  KUNISADA,Mika  ,  MATSUMOTO,Yurimi

内容記述
"The aim of this study was to characterize burnout syndrome in nurses and caregivers providing end-of-life care and to identify the factors associated with this syndrome.This study was conducted in two hospitals, a geriatric welfare home, and a geriatric health care facility. A four-part questionnaire was used to collected data relating participant socio- demographic stress factors, and support strategies for coping with stress. Nurses score significantly higher for skill, control of work, and job satisfaction than caregivers (p<.01). Support from supervisors and colleague was the strongly associated with less stress and burnout during end-of-life care. Employers and supervisors play a key role in providing the quality of end-of- life care nurses and caregivers in order to support their staff development and to help reduce their vulnerability to and effect of stress at the workplace."
"本研究の目的は,終末期ケアを提供している看護職と介護職の燃え尽き症候群の特徴を見出して,その症候群に影響する要因を探索することである。今回の研究では2 つの病院,1 つの特別養護老人ホーム,1 つの介護老人保健施設におけるサービス提供者を対象とした。4 要因を構成したアンケートを用いて,その対象者のストレスの社会的な構成要因を集積して,ストレスに関連する訓練の信頼性を評価した。 看護職は,介護職に比較して終末期ケアにおける技術,仕事の管理,仕事の満足度は有意差(p<0.01) に高かった。終末期ケアにおける上司や職場の支援に伴って,ストレスと燃え尽き症候はとても軽減していた。管理者や上司は,終末期ケアにおける看護職と介護職に対する教育と研修に重要な役割を担っている。それにより職場内の職員の資質が向上し,職場における脆弱性ならびに職場のストレスの影響を軽減する事が示唆された。"
資料
本文を読む

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/file/12487/20170525160101/hofuku17065-71.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報