学術雑誌論文 アテンダントサービスの導入プロセスにみる アメリカ自立生活運動の受容に関する一考察
A consideration about the reception of the independent living movement in the United States in introduction of attendant services

横須賀,俊司

内容記述
日本の自立生活運動は,1970 年代に展開されていた障害者運動が80 年代にアメリカの自立生活運動を受容することで発展していったとされる。しかし,1970 年代から1980 年代に向けて,どのような移行があったのかは明らかではない。アメリカ自立生活運動の成果の一つはアテンダントサービスを定着させたことである。したがって,どのような過程を経て,アテンダントサービスが定着していったのかを記述,考察することで,どのようにアメリカ自立生活運動が受容されていったのかを明らかにすることができる。その際,「第9 回車いす市民全国集会・兵庫」を事例にした。この事例を選んだ理由は,アテンダントサービスを実際に導入していったということによる。結論としては,自立生活運動の理念や思想の普及が必ずしも要件になっていないことが明らかになる。
It is said that the independent living movement in Japan developed because the disability movement of the 1970s adopted the independent living movement from America in the 1980s. However, from the 1970s through the 1980s, it is not clear what kind of shift there was. One of the results of the independent living movement in America is to have established attendant service. Therefore, it can be clarified how the American independent living movement has been received by describing and discussing the process by which attendant service has been established. On this occasion, I have taken the Ninth Wheelchair Citizen National Assembly in Hyogo as an example. The reason I chose this example depended on attendant service having really been introduced. In conclusion, it is revealed that the spread of the idea and thought of the independent living movement was not necessarily a prerequisite.
原著
本文を読む

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/file/12444/20170201172624/hofuku16019.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報