紀要論文 成人期の発達障害
Developmental Disorders in Adulthood.

飯田, 順三

13pp.1 - 8 , 2017-05-29 , 奈良県立医科大学医学部看護学科
ISSN:13493884
NII書誌ID(NCID):AA12014030
内容記述
近年、発達障害への関心が急速に高まっているのにしたがって成人期の発達障害にも関心が高まっている。知的障害を伴わない発達障害の存在が認識されるようになり、これまで「変わった人」としか見られなかった自閉スペクトラム症者が多数存在することがわかった。成人期の自閉スペクトラム症では幼児期にはその特性が明らかではなくて、成人期より症状が顕在化してくることも多い。発達障害の特性をよく理解した上で大学や職場でのさまざまな配慮が必要であることがわかってきた。
Recently, the concerns of developmental disorders in adulthood are rapidly increased as well as developmental disorders in childhood. It is found that prevalence of autism spectrum disorder is high as the developmental disorders without intellectual disorders are recognized. The clinical symptoms of many adults with autism spectrum disorder are prominent after adulthood in spite of that in childhood the clinical symptoms were not evident. We must understand the features of the developmental disorders and consider about environments of the universities and the workplaces.
本文を読む

http://ginmu.naramed-u.ac.jp/dspace/bitstream/10564/3362/1/p.01-08.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報