Departmental Bulletin Paper 院内助産における分娩時医療介入についての文献レビュー
Literature review of medical intervention during dehvery at in-hospital midwifery.

山名, 香奈美

12pp.45 - 54 , 2016-03-31 , 奈良県立医科大学医学部看護学科
ISSN:13493884
NCID:AA12014030
Description
院内助産に関する研究動向について、医学中央雑誌にて文献レビューを行ったところ74件の原著論文が抽出された。主な内容は、実践報告、医師との協働、助産師の認識や能力、助産ケアの評価であった。そのうち、院内助産における分娩時の医療介入をデータに基づいて報告した文献は8件であった。報告は2種類に分けられ、産科病棟をコントロール群として院内助産分娩の結果を医師管理と助産師管理のデータで比較した文献が3件、コントロール群なく助産師管理の院内助産分娩の結果のみを報告した文献が5件であった。これら8文献のデータでは、助産師管理で医療介入なく分娩した割合は98%~50.4%と幅がみられた。また、院内助産での帝王切開率はおおむね4~5%であり、主な医療介入方法としては陣痛促進や吸引分娩であった。医師管理との比較では、助産師管理の方が医療介入率は低く、助産師ケアの有効性が推測された。今後は、分娩結果の差異の要因や助産師ケアの有効性等の調査を通して、院内助産における分娩の安全性、特殊性を明確にすることが必要である。
Full-Text

http://ginmu.naramed-u.ac.jp/dspace/bitstream/10564/3229/1/45-54p.%e9%99%a2%e5%86%85%e5%8a%a9%e7%94%a3%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%88%86%e5%a8%a9%e6%99%82%e5%8c%bb%e7%99%82%e4%bb%8b%e5%85%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e6%96%87%e7%8c%ae%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc.pdf

Number of accesses :  

Other information