Departmental Bulletin Paper エスニシティを可視化する手段としての衣服 : 台湾原住民族サキザヤ族の民族認定を事例として
Clothes as Means to Visualize Ethnicity : A Case of Name Correction Process of Taiwan Indigenous Sakizaya People

Atsushi, Nobayashi  ,  野林, 厚志

42 ( 4 )  , pp.379 - 409 , 2018-06-14 , 国立民族学博物館 , National Museum of Ethnology
ISSN:1340-6787
NCID:AA11751099
Description
本稿の第一の目的は,台湾原住民族の1 集団であるサキザヤ族がエスニシティを可視化するための一つの手段として,特定の民族への帰属を見るものに感じさせる新たな衣服を作り出した過程を紹介することである。そのうえで,民族の衣装の生成に関わる社会関係,民族間関係,政治性,真正性に関わる当事者の意識,経営性について考察を試み,エスニシティという観点からの衣服の機能論を示す。 サキザヤ族がエスニシティを可視化する目的は,公的にアミ族に分類されていた状況から,独立した民族としての認定を得る必要があったからである。そのための一つの要素として民族特有の衣服が求められた。 しかしながら,その衣服に関する歴史的な資料がほとんどない状況のなかで,サキザヤ族は衣服の製作に創作という手段をとった。他の原住民族やホスト社会の多数派である漢族の影響を受けてきたサキザヤ族のエスニシティが示される衣服は,サキザヤ族を他の民族集団と区別しながら歴史的に継承されてきた衣服ではなく,サキザヤ族と他の民族集団の差異化をはかり,自民族のアイデンティティを高めることが求められた状況のなかで,彼らが作り出した創作物であった。製作された衣装にはサキザヤ族の歴史経験や世界観が象徴的に埋め込まれるとともに,他の民族との関係性が示された。これらの衣服が普及していく範囲が,アイデンティティの共有範囲とつながり,サキザヤ族のエスニシティを対外的に可視化することに成功した。一方で,文様や装飾には分離する対象となるアミ族との関係性を示すものが部分的に存在した。 着用する者がアイデンティティや文化的な特徴を強調するだけでなく,着用した姿が他者から肯定的に受け取られるような役割を果たすことが,台湾における原住民族の民族衣装には期待されていたことは,対外的な配慮とそれを果たすことによって自己を存在させる機能が衣装の重要な機能の一つであることを示しているのである。
This paper introduces the process by which the Sakizaya, a group ofindigenous peoples in Taiwan, created new clothes as a means to visualizetheir ethnicity. Social and ethnic relations, politics, consciousness of authenticityon their cultural history and economic efficiency are also discussed.The Sakizaya people attempts to visualize their ethnicity to complete thename correction as Sakizaya, an independent indigenous group.In the absence of historical materials certifying the uniqueness of thefolk clothes of Sakizaya, Sakizaya tried to create new clothes recognized astheirs by other peoples and by themselves. The Sakizaya have been influencedstrongly by other indigenous peoples and the majority Han Taiwaneseand they did not pass down ethnic costumes. Sakizaya peoples strove to makenew clothes that differed from those of other ethnic groups and which emphasizedthe Sakizaya identity. Historical experiences and the symbolic thingswere implied in embroidery of clothes.It is expected that Sakizaya’s clothes not only emphasize the identity andcultural characteristics of wearing people but also play a role to make thepeople who wear it to be received from others. It is one of the importantfunctions of clothes to be approved by others.
Full-Text

https://minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7989&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information