Departmental Bulletin Paper 資本主義批判としてのアート : オアハカ州のASARO を事例として
Art in Criticism of Capitalism: Case of ASARO in Oaxaca

Hidetsugu, Yamakoshi  ,  山越, 英嗣

41 ( 3 )  , pp.283 - 313 , 2017-03-21 , 国立民族学博物館 , National Museum of Ethnology
ISSN:0385180x
NCID:AN00091943
Description
本稿は,オアハカのストリートアーティスト集団ASARO(Asamblea deArtistas Revolucionarios de Oaxaca,オアハカ革命芸術家集会)による創作活動が,西洋の美術市場による一方的な影響力のもとに存在しているわけではなく,ローカルな文脈において,そこには回収されないような人々とアートの関係性を生み出していることを論じる。 オアハカで2006 年に生じた州政府への抗議運動には多数のストリートアーティストが参加し,政治的メッセージを発信した。当時,オアハカの町に描かれたASARO のストリートアートは,現地の人々によって受容されただけでなく,メディアを通じて世界中へと拡散していった。やがて,美術市場が彼らに注目し,アート・ワールドにおいてある程度の知名度を獲得すると,さまざまなアクターによる干渉が行われるようになっていった。ASARO は資本主義とアートの関係性を批判し,それを村落の若者たちに伝えていくことを新たな目標として活動を行い,彼らを搾取する資本主義へ対抗するための共同体としてのプエブロを創造する。本稿は,ここに西洋による一方的価値づけを超えた,ローカルな物語性を見出す。
This article presents the argument that activities of the street artist collectiveAsamblea de Artistas Revolucionarios de Oaxaca (ASARO) are not onlyinfluenced by the European Art market, but also that their art and people showa rich mutual relationship in the local context. During the anti-state govern-ment movement in Oaxaca in 2006, many artist collectives joined in accusingthe state government through their art. Street art produced by ASARO artistsspread into the world through the media. Soon, their street art gained popularityafter being regarded as “Revolutionary Art.” However, some actors includingart curators interfered with their activity. These days, ASARO is criticizingthe capitalism which threatens their lifestyle and livelihood. They also imaginean alternative community called “Pueblo” in solidarity with local youthgroups. This article describes the unique and vernacular relationship prevailingbetween their art and people.
Full-Text

https://minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7307&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information