Departmental Bulletin Paper Nominal Echo-Formations in Northern Pakistan
北パキスタン諸言語の名詞類の反響形成

Noboru, Yoshioka  ,  吉岡, 乾

41 ( 2 )  , pp.109 - 125 , 2017-03-10 , 国立民族学博物館 , National Museum of Ethnology
ISSN:0385180x
NCID:AN00091943
Description
In this study, I compare the morphophonological characteristics of theecho-formation processes of five languages spoken in northern Pakistan(Burushaski, Domaaki, Shina, Khowar, and Kalasha). The former three languagesshow identity- or similarity-avoidance in their echo reduplicants,while the latter two languages do not. This notable distinction between thegroups matches their geographical distribution. The widely-used definitionsof echo-formation do not include forms that exactly reduplicate the baseword, but these forms have the same function as standard echo-words. Therefore,I advocate that the definition of echo-formation should be changed toinclude these forms in order to facilitate further study of the phenomenon.
本稿は,パキスタン北部で話されている五つの言語(ブルシャスキー語,ドマーキ語,シナー語,コワール語,カラーシャ語)の持っている反響形成と呼ばれる形態操作に関して,主に形態音韻論的側面から対照し,異同を描き出すことを目的としたものである。前三者が程度の違いこそあれ,同要素回避をする一方で,後二者は回避の方策を取らないという点で,地理的分布と合致した大きなグループ分けができることが明らかになった。このような同要素回避をしない一部の反響形成は,厳密には一般的に南アジア研究で広く認識されている形態的な定義から外れてしまう。けれども一方で意味的にはその他の反響形成と合致している。そのため,今後は反響形成の定義をもう少し緩く改変する必要性があることを提唱した。
Full-Text

https://minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7297&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information