紀要論文 「アーティスト」として生きていく : ナイジェリアの都市イレ・イフェにおける「アート」のあり方
To Live as an Artist : The Way the Arts are Practiced in the City of Ile-Ife, Nigeria

緒方, しらべ  ,  Ogata, Shirabe  ,  オガタ, シラベ

40 ( 4 )  , pp.547 - 618 , 2016-03-31 , 国立民族学博物館
ISSN:0385180x
NII書誌ID(NCID):AN00091943
内容記述
本稿の目的は,ナイジェリア連邦共和国の都市イレ・イフェの「アーティスト」であるコラウォレ・オラインカという個人をおもな事例とし,彼が「アーティスト」としてどのように生きているのかを,ナイジェリアの歴史的・社会的コンテクストに位置づけて明らかにすることを通して,アフリカにおける「アート」のあり方について考察することである。これまで,人類学は非西洋における芸術/ 美術/ モノの意味や社会的機能を明らかにしてきた。また,西洋と非西洋の不均衡な力関係を乗り越えようとする展示の試みも行ってきた。ところが,作品のつくり手である「アーティスト」が,地域社会,そして西洋近代のアートワールドという異なるふたつの要素と関わり合うなかで,そうしたつくり手の視点に注目して当該地域における「アート」が論じられることはほとんどなかった。これに対して本稿は,オラインカという個人のつくり手の生活世界とライフヒストリー,作品制作や販売のプロセスを分析し,考察することによって,彼が地域社会やアートワールドと関わりながら生きている様を明らかにしていく。
Aiming to reveal how a creator of arts has lived as an artist in both historicaland social contexts, this paper aims to examine the way arts exist inAfrica, using as its main example the artist Kolawole Olayinka in the cityof Ile-Ife, Nigeria. Previous studies of anthropology have investigated themeaning and social functions of art, and exhibitions have been held trying toovercome the inequality of the power relationship between the West and non-West. However, there have been few discussions of art in terms of its relation-ships with local African society and the Western art world from the viewpointof artists, the creators of arts. Examining Olayinka’s life, life history, and theprocess of his art making and selling, this paper shall attempt to reveal howhe lives as he interacts with both the Western art world and his local society.
本文を読む

https://minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4930&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報