紀要論文 Introduction : Japan in Global Circulation : Transnational Migration and Multicultural Politics
序論 : グローバルな循環のなかの日本 : 国際移動と多文化の政治学

グアルネー, ブライ  ,  山下, 晋司  ,  Blai, Guarné  ,  Shinji, Yamashita

40 ( 1 )  , pp.53 - 69 , 2015-06-12 , 国立民族学博物館 , National Museum of Ethnology
ISSN:0385-180x
NII書誌ID(NCID):AN00091943
内容記述
The collection of papers in this volume was prepared for a panel sessionat the 109th American Anthropological Association Annual Meetingheld in New Orleans (USA), 2010. The starting point for that conference wasthe notion of “circulation” as a theoretical device for explaining the movementof people, commodities and cultural meanings in a globalized world.The idea of circulation embodies a complex interaction that entails both continuityand dislocation in relation to the traditional notions of “culture” and“identity.” This paradoxical dynamic has resulted in a worldwide scenariowhere connections and disjunctions simultaneously reinforce and underminecultural and national boundaries. Taking Japan as an ethnographic focus,the papers reunited here consider this question through a twofold approach,focusing on transnational migration and multicultural politics. In this sense,this special issue sheds light on the main drivers of these two related topics,raising important questions about the use of cultural resources in transnationalfamilies, identity representation among the children born from internationalmarriages, transnational migration in multi-exploitative circles, andeconomic crisis and migrant workers return in a transnational system of flexibleproduction. In so doing, the authors explore how transnational migrationand multicultural politics interplay, with the ultimate goal of reaching a betterunderstanding of the transnational interactions, migration processes andmulticultural dynamics that inscribe contemporary Japan in a global circulationcontext.
本特集では,2010年アメリカ合衆国ニューオーリンズで開催された第109回アメリカ人類学会年次大会での分科会で発表された論文を掲載している。年次大会のキーコンセプトは,人やモノの移動とグローバル化された世界における文化の意味を理解するうえでの理論的ツールとしての「循環(circulation)」であった。循環という概念は,「文化」や「アイデンティティ」との関わりにおいて,連続性と断絶性の双方を伴い,複雑な作用を産み出す。このパラドキシカルな力学はそれゆえ世界各地で文化と国民国家の境界を崩すとともに強化もするという結果をもたらしてきた。本特集に収められた諸論文は,日本を民族誌的な焦点として,国際移動と多文化の政治学という二重の視点からこの問題に接近している。すなわち,相互に関連するこの二つの動因に光を当てながら,越境家族における文化資源の活用,国際結婚によって生まれた子どもたちのアイデンティティ表象,越境に伴う多重搾取,フキシブルな生産システムにおける経済危機と移民労働者の帰還などについて検討している。こうして,本特集はグローバルな循環という文脈の中で現代日本における国際移動とそれに伴う文化の力学を理解することを目的とし,国際移動と多文化の政治学との関係について考察するものである。
本文を読む

https://minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3802&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報