紀要論文 構造生物学とIT
Structural biology and IT

有井, 康博

(23)  , pp.20 - 22 , 2015-07-31
ISSN:21880425
NII書誌ID(NCID):AA12659557
内容記述
生命科学研究におけるITの利用の一つを紹介する。著者が携わってきた構造生物学という分野では,様々なITの恩恵を授かっている。近年,クラウド技術を利用した研究ツールやデータベースの統合化が始まったことから,この分野における科学情報の利用しやすさが格段と上がった。そのクラウドシステムの中にある,タンパク質を可視化するソフトであるPyMOLを選んで,パソコン上でタンパク質のモデル図を描き,レンダリングした画像を紹介する。これまで研究レベルで用いられてきたツールやデータベースが学部教育の現場で利用される時代は直ぐそこまで訪れている。
本文を読む

http://libir.mukogawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10471/1060/1/20-22.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報