紀要論文 長岡高専インターアクトクラブ活動報告 2014-2015 : 理念・活動概要・ボランティア活動・学生交流 ・方針・展望:設立50周年に際して-

佐藤, 公俊  ,  野口, 一英  ,  Satoh, Kimitoshi,  ,  Noguti, Kazuhide

51pp.97 - 106 , 2015-11 , 長岡工業高等専門学校
ISSN:0027-7568
内容記述
本稿では,長岡高専インターアクトクラブの理念・活動概要, 2014年夏から2015年秋にかけてのボランティア活動,および,(国際・国内の)学生交流活動を報告する.そして,学生の国際交流と社会貢献活動を支援し,学生の健全な成長を願う立場から,活動の成果を確認し,明らかになった課題を検討する.当クラブは,1965年9月16日に国際ロータリークラブ第2560地区の長岡ロータリークラブの認証により創設され,2015年で設立50周年を迎える.本校の留学生を含めたクラブのメンバーは,長岡市内の児童養護施設の双葉寮に40年以上に渡って訪問交流を行うなど社会貢献活動を行って社会貢献活動を学んできた.また,現在まで20年以上に渡って,本校や他校の留学生との文化・交流活動を行い,国際親善を実行してきた.当クラブは沖縄高専インターアクトクラブと,毎年3月の妙高高原での国際交流スキー研修と9月の沖縄平和交流研修で,お互いの地域を行き来しての交流と学び合いで友好を深めてきた.メンバーの学生たちは留学生とロータリアンも交えての多文化・多世代・多地域・国際交流の行事を協力して企画運営することで,お互いに気づきあい,視野を広げ,成長している.
本文を読む

http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/bitstream/10623/55784/1/97satoh.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報