Departmental Bulletin Paper 子ども理解に関する一考察

相浦, 雅子

(37)  , pp.59 - 66 , 2018-2 , 別府大学短期大学部
ISSN:02864991
Description
平成29年4月に保育所保育指針、幼稚園教育要領、認定こども園保育・教育要領すべてが改定・改訂された。その中では、改めて人の育ちにおいて乳幼児期は重要な時期であることが示されている。「人の育ち」という長い時間と複雑な関係性において、安定した人間性を育むことは、保育者の職務として最も望ましいことであろう。乳幼児期にかかわる保育者の専門性として、子ども理解は欠かせない。人が人を理解することは、数値では測り難い。ましてや、対象が自己を客観的に捉える力が育っていない乳幼児となるとさらに困難である。しかし、保育の質や保育者の専門性を高めるためには、この数値化できにくい取り組みを繰り返し考えて、理解の層を深めていくことが必要である。
Full-Text

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=tk03707

Number of accesses :  

Other information