紀要論文 「文化受容者」育成としての美術教育へ

吉村, 壮明

(37)  , pp.41 - 49 , 2018-2 , 別府大学短期大学部
ISSN:02864991
内容記述
本論はアート・ワールドという概念を通し、美術文化の受容者として「子ども」を位置づけ、小学校学習指導要領図画工作編および中学校学習指導要領美術編において、文化受容に関わる言及とその射程を探り、図画工作・美術教育を通して指導すべき内容としての「鑑賞」教育を再認識することで、その指導法の意識および図画工作・美術教育の存在理由を考察したものである。加えて、カルチュラル・スタディーズ的な文化概念の視点を整理することで、本論で区分した「享受すべき文化」と「生成する文化」についても言及し、従来の美術文化の受容のプロセスである鑑賞の活動に多様性を持たせ、能動的な文化受容としての鑑賞について示唆している。
本文を読む

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=tk03705

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報