紀要論文 関ヶ原の戦いについての高橋陽介氏の新説を検証する-高橋陽介氏の著書『一次史料にみる関ヶ原の戦い』を拝読して-

白峰, 旬

(46)  , pp.129 - 150 , 2016-03 , 別府大学史学研究会
ISSN:03868923
内容記述
高橋陽介氏が著書『一次史料にみる関ヶ原の戦い』(1)を昨年(2015年)11月に自費出版された。高橋氏からは筆者に対して謹呈送付していただき、感謝している。早速のその内容を拝読したところ、関ヶ原の戦いに関する高橋氏の新説による見解と、筆者(白峰)による私見との間に解釈の相違がある箇所も見られるので、本稿では、そうした点も含めて、高橋氏の新説を検証していきたい。 高橋陽介氏の著書『一次史料にみる関ヶ原の戦い』(以下、高橋本と略称する)の内容は、以下のような構成になっている(目次とあとがきは省略する)。1 やはり「問い鉄炮」はなかった(6~9頁)2 一次史料のみによって考えるということ 九月十五日付徳川家康書状を読む(10 ~ 13頁)3 では実際にはどうだったのか 九月十七日付吉川広家書状の別解釈  九月十七日付吉川広家書状の別解釈①(14 ~ 17頁)  九月十七日付吉川広家書状の別解釈②(18 ~ 20頁)  九月十七日付吉川広家書状の別解釈③(21 ~ 23頁)  九月十七日付吉川広家書状の別解釈④(24 ~ 27頁)  九月十七日付吉川広家書状の別解釈⑤(28 ~ 30頁)  九月十七日付吉川広家書状の別解釈⑥(30 ~ 33頁)  九月十七日付吉川広家書状の別解釈⑦(33 ~ 40頁)4 山中における西軍の布陣について(41 ~ 45頁)5 なぜ西軍は関ヶ原へ向かったのか 九月十二日付石田三成書状を再考する  九月十二日付石田三成書状を再考する①(46 ~ 50頁)  九月十二日付石田三成書状を再考する②(50 ~ 53頁)  九月十二日付石田三成書状を再考する③(53 ~ 56頁)  九月十二日付石田三成書状を再考する④(56 ~ 59頁)  九月十二日付石田三成書状を再考する⑤(59 ~ 68頁)6 南宮山からみた東西両軍の布陣 九月十二日付吉川広家書状による裏付け(69 ~ 77頁)7 島津軍の中央突破・「島津退き口」について(78 ~ 82頁) 以下、順を追って、内容を検証していきたい。
本文を読む

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=sg04609

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報