Departmental Bulletin Paper 完成された景-家持の見出した鶯の景-

浅野, 則子

(18)  , pp.1 - 10 , 2016-03 , 別府大学会
ISSN:13450530
Description
鶯は和歌において待ち望んだ「春」を告げる鳥として重要な位置をしめる。しかしながら和歌史においてその位置づけが明確になるのは、大伴家持の文化圏からであるといえよう。家持は先人の和歌表現及び中国文学を深く学んだが、都から鄙と呼ぶべき「越中」へと赴いた時、都との差異により、季節観をとらえていく。その中で春にまず歌うべき景として鶯を春をつげる鳥として位置づけた功績は大きいものと思われる。
Full-Text

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=gk01801

Number of accesses :  

Other information