紀要論文 小学校教員のメンタルヘルスに着目した運動・身体活動と抑うつの関連性についての検討

中山, 正剛  ,  奥, 拓哉  ,  田原, 亮二

(35)  , pp.47 - 53 , 2016-02 , 別府大学短期大学部
ISSN:02864991
内容記述
運動・身体活動の実施により,生理的・社会的恩恵と同様に心理的恩恵が得られることが示されている.本研究では,小学校教員の運動・身体活動の状況がメンタルヘルス及び抑うつ状態にどの程度影響を及ぼすかを検討した.常勤の小学校教員を対象に運動・身体活動,メンタルヘルス,そして抑うつ状態について質問紙を用いて調査し,41名の有効回答を分析対象とした.分析の結果,本研究の対象者においては,運動・身体活動とメンタルヘルス,抑うつ状態との間に関係性は認められなかった.また,メンタルヘルスと抑うつ状態との関係性については,「生活意欲が高まり,心理・社会・身体のストレスが少なくなれば,抑うつ状態を改善する」ことが示唆された.今後は,生活意欲を高め,心理・社会・身体のストレスを少なくするための方策についての継続研究が求められる.
本文を読む

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=tk03506

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報