紀要論文 室生寺弥勒堂弥勒菩薩立像について

太田, 均

(23)  , pp.218 - 202 , 2018-3 , 奈良大学大学院
ISSN:13420453
内容記述
 「はじめに」として、室生寺の歴史・地理、主な伽藍と安置されている尊像などを概観したうえで、本論は次のような構成で考察する。第一章で本像の概要を示し、本題の主題を明確にする観点から研究史に言及する。第二章においては、現存資料、文献史料・経典に着目し、本像が弥勒菩薩立像であるかの正否につき検討する。その際には、尊名を決める基準となる印相と持物に着眼し、さらに本像と類似の像容を有する作例と比較検討する。第三章においては、賢璟・修円の事績と室生寺における山林修行の一端を踏まえ、木像の制作背景に触れる。
本文を読む

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN10533924-201802-1103

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報