Departmental Bulletin Paper 日露戦争期の妖怪・怪異 : 「奇跡」「瑞祥」の役割

辻本, 慶樹

(23)  , pp.39 - 49 , 2018-3 , 奈良大学大学院
ISSN:13420453
Description
 近代化が行われ始めた明治時代以降、妖怪や怪異といった前近代的なものは悉く排除されていった。しかし、民衆の間では心霊ブームや怪異ブームといった、明治政府が排除しようと試みた、いわゆるオカルト的なものが広く流行した時期も存在しており、政府自体も徹底して妖怪・怪異を排除したとは言い切れない部分がある。それは戦時下という限定的な状況において「奇跡」「瑞祥」という形で現れており、政府はそれを容認している。本論考では日露戦争期における「奇跡」「瑞祥」について、当時の新聞記事と博文館の『日露戦争実記』を中心に論じ、「奇跡」「瑞祥」という妖怪・怪異がどのように表現されていたかを取り上げ、それらがどのようなものであったかを考察するとともに、妖怪・怪異という存在を考察する。
Full-Text

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN10533924-201802-1004

Number of accesses :  

Other information