Departmental Bulletin Paper 近世大和における地蔵信仰 : 奈良町 「地蔵盆」 の周辺

村上, 紀夫

(46)  , pp.218 - 208 , 2018-3 , 奈良大学
ISSN:03892204
Description
" 地蔵盆とは、辻々に祀られている 「お地蔵さま」 と呼ばれる石仏などをまつる行事で、京都府・奈良県・滋賀県などで行われている。地蔵盆の歴史的研究も次第になされるようになってきているが、奈良県の地蔵盆についての研究はそれほど多くない。奈良県内で行われている地蔵盆の特徴として、奈良町など奈良市内では多く七月に実施されている点 (他地域では多く八月) が挙げられる。この点に関わっては、先行研究で近世段階で六月 (他地域では旧暦七月) に 「地蔵会」 が実施されていたことが指摘されていた。 しかし、近世の資料を精査すると地蔵会を六月に行うところと七月に行うところがあった。これは、毎月の地蔵菩薩の縁日である二四日に中世の興福寺などで月次勤行として地蔵講が行われていたことと関わると思われる。中世権門における地蔵信仰のかたまりと連動し、地蔵信仰が民間に広まり、近世に町の行事として定着したのではないだろうか。"
Full-Text

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN00181569-201803-1105

Number of accesses :  

Other information