紀要論文 曲亭馬琴『縁結文定紋』 : 解題と翻刻 (下)

中尾, 和昇

(46)  , pp.268 - 239 , 2018-3 , 奈良大学
ISSN:03892204
内容記述
" 前稿に引き続き、馬琴合巻 『縁結文定紋』 (文政八年 [一八二五] 刊)の翻刻をおこない、簡単な解説を付した。 本作は浄瑠璃や歌舞伎でお馴染みの、いわゆる 〈八百屋お七もの〉〈お千代半兵衛もの〉 を組み込んだ作品である。本筋は単純な御家騒動物だが、演劇に見られる情緒的な趣向を重層的に織り込むことで、作品全体に起伏をもたらしている。また、悪人として造型される坊主吉三の形象から鑑みるに、本作は 「三人吉三廓初買」 において完成される 〈八百屋お七もの〉 の系譜に連なるものと考えられる。このほか、さまざまな演劇的趣向も盛り込まれている。"
本文を読む

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN00181569-201803-1103

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報