紀要論文 相対論的質量という概念は不要である

横田, 浩

(46)  , pp.81 - 96 , 2018-3 , 奈良大学
ISSN:03892204
内容記述
 GPSでの時間のずれの補正のために相対論の効果を考慮しなければならない。そのような(特殊)相対性理論を解説する書籍等の中では、「速度が増すと質量が増加する」とか「質量が増加するため加速しにくくなり、光速を超えることができない」などの説明がされている。速度により変化する質量は「相対論的質量」と呼ばれている。しかし、このような説明は誤解を招き、混乱を生じさせるものである。本稿では、「相対論的質量」を用いずに説明し、本来の特殊相対性理論の要請を満たすためにも、「相対論的質量」の概念を導入すべきではないことを主張する。
本文を読む

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN00181569-201803-1005

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報