Departmental Bulletin Paper モンゴル国における17世紀の寺院跡Sardgiin khiidのデジタルアーカイブ

正司, 哲朗  ,  A. エンフトル  ,  E. オルタナサン  ,  S. チョルソン

(45)  , pp.167 - 176 , 2017-2 , 奈良大学
ISSN:03892204
Description
 モンゴル国では、数多くの重要な遺跡が残っているが、修復や保存がされているものは少なく、消失の危機にある遺跡もある。遺跡の現状を保存するためにデジタルアーカイブすることが急務である。本研究の目的は、これらの遺跡をデジタル化することであり、本稿では、17世紀にザナバザルによって建立された仏教寺院であるSardgiin khiidをデジタルアーカイブした方法について述べる。本研究では、3次元レーザー計測装置によるレーザ計測とドローン(小型無人飛行機)を利用した画像計測の2種類の方法を用いた。3次元レーザ計測装置は、精度の高い計測が可能であるが、広範囲を計測する場合には時間がかかる。一方で、ドローンを使って上空から遺跡を撮影し、画像計測をする場合には、3次元レーザ計測装置よりも精度は低いが、広範囲を短時間で計測することが可能である。計測した結果から、Sardgiin khiidの構造を明らかにした。さらに、構造をより明確に提示できるようにするために、3Dプリンタを利用してデジタル化したSardgiin khiidを、出力した結果について述べる。
Full-Text

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN00181569-201703-1011

Number of accesses :  

Other information