Departmental Bulletin Paper 公共交通の経営に関する国際比較

實, 清隆

44pp.75 - 85 , 2016-3 , 奈良大学
ISSN:03892204
Description
第二次大戦後、世界的に急激なモータリゼーションが見られ、公共交通は衰退した。このため、交通渋滞、環境の悪化、交通事故の増加、化石燃料(C・炭素)消費量の著しい増大など由々しい問題が生じてきた。そのような状況を改善すべく、世界各国で「公共交通の保険」が策動されてきている。この動きのカギとなるのは公共交通の「経営」へのテコ入れである。当論文では、この公共交通の「経営」をめぐっての取り組みの実態の比較を検討し、日本における公共交通の意経営のあり方について考察した。
Full-Text

http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=AN00181569-20160305-1005

Number of accesses :  

Other information