紀要論文 第2章 必修教科等の研究 1 国語 BT型探究的学習活動の視点を学習展開に取り入れた国語の授業実践
ダイ2ショウ ヒッシュウ キョウカナド ノ ケンキュウ 2 コクゴ BTガタ タンキュウテキ ガクシュウ カツドウ ノ シテン オ ガクシュウ テンカイ ニ トリイレタ コクゴ ノ ジュギョウ ジッセン

北村, 拓也

(59)  , pp.18 - 23 , 2017-03-31 , 滋賀大学教育学部附属中学校
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
平成28年8月の「教育課程企画特別部会 論点整理」などにより,これからの学びの方向性が「アクティブ・ラーニングの視点からの授業改善」を通して,「主体的で対話的で深い学び」を実現することが明記された。そして,この3つの柱の一つである「深い学び」は,「事象の中から自ら問いを見出し,課題の追究,課題の解決を行う探究の過程に取り組むことが求められており,その一つの方法として,探究的学習が挙げられている。しかし国語の授業の中で探究的学習を行うごとに非常に難しい。そこで,本校で30年以上取り組んでいる探究的学習活動「BIWAKO TIME」からヒントをもらい,国語科におけるより良い探究的学習の進め方について模索した。本稿では,BTの学習展開をいかして工夫を試みたことの成果と課題を分析し国語科における探究的学習の在り方について考察する。特に,「テーマの設定」と「課題解決のプロセスの構築」の学習過程に関する実践を試みた。
本文を読む

https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4699&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報