紀要論文 第2章 必修教科等の研究 5 音楽 音楽活動を支える基礎的な能力をはぐくむ-音楽の仕組みを追究 思考ツールをいかして-

森, 美幸

(59)  , pp.62 - 67 , 2017-03-31 , 滋賀大学教育学部附属中学校
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
現行の学習指導要領における中学校音楽科の目標の内容は主に「音楽を愛好する心情」「音楽に対する 感性を豊かに」「音楽活動の基礎的な能力」「音楽文化の理解」の4つの部分で示されており,音楽活動 を通してこの4つを総合的に作用させ,それが「豊かな情操を養う」ことに通じるとされる。  現代の中学生は,忙しい日々を送っているが,これまでに音楽や自然を体感し,感動する場面をどれだ け持っただろうか。心を動かされる経験が「豊かな情操」をはぐくむことに繋がると考える。  そこで,音楽を通して,より豊な心を持って聴き取りや感じ取りができるよう,思考ツールを工夫し,思考・判断・表現の幅を広げていくことを実践した。
本文を読む

http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/15142/1/59%20%e9%9f%b3%e6%a5%bd%20%e6%a3%ae.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報