紀要論文 第2章 必修教科等の研究 4 理科 理科学習における探究的学習活動の効果的な展開を目指して-単元を貫いた粒子領域の授業実践-
ダイ2ショウ ヒッシュウ キョウカ ナド ノ ケンキュウ 4 リカ リカ ガクシュウ ニ オケル タンキュウテキ ガクシュウ カツドウノ コウカテキ ナ テンカイ オ メザシテ タンゲン オ ツラヌイタ リュウシ リョウイキ ノ ジュギョウ ジッセン

原田, 雅史

(59)  , pp.56 - 61 , 2017-03-31 , 滋賀大学教育学部附属中学校
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
本研究では,生徒が理科学習において能動的に学ぶため,本校で行っている総合学習「BIWAKO TIME」をイメージした学習のプロセスを取り入れた。①自らが学習設題の設定を行う,②課題解決のために必要な情報を収集する,③収集した情報を整理・分析する,④自らの考えを他者へ発表する,⑤新たな課題を発見し学びを深める,という探究的学習活動の効果的な展開を目指す授業実践を行った。 今回は,粒子領域の「さまざまな化学変化」の単元について,仮説設定・情報収集・情報の整理・単元の振り返りの場面に工夫点を設定することで,生徒が知的好奇心や探究心をもって,自然に親しみ,主体的に実験を行い,お互いに教え合い,学び合う授業を目指した。その成果と課題について,学習中や学習後の生徒の様子を重ねて報告する。
本文を読む

https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4705&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報