紀要論文 第2章 必修教科等の研究 2 社会 探究的学習活動の練習課題としての学習を意識した地理的分野の単元構成
ダイ2ショウ ヒッシュウ キョウカ ナド ノ ケンキュウ 2 シャカイ タンキュウテキ ガクシュウ カツドウ ノ レンシュウ カダイ トシテノ ガクシュウ オ イシキ シタ チリテキ ブンヤ ノ タンゲン コウセイ

七里, 広志

(59)  , pp.24 - 31 , 2017-03-31 , 滋賀大学教育学部附属中学校
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
これまでの研究では,思考力・判断力・表現力を身につけさせるために,思考ツールなどを活用して論述を中心とした言語活動を進めるなかで,単元の組み方を工夫し数時間単位の取り組みを効率良くかつ深めることのできる言語活動を目指してきた。しかし,生徒は学んだことを論述で表現はできるが,級友と意見交流することや,自ら問いを立てる等の探究的学習活動は不十分であった。 そこで,本年度担当する1年生の地理的分野の各単元で,アクティブ・ラーニンブを意識した探究的学習活動を実践する。その際,本校の総合学習「BlWAKO TIME(BT)」の活動で実践している,生徒が立てる問いを吟味させる場面や,意見交流すること等を重視し,学習を深める。しかし,大がかりな探究的学習活動を繰り返すごとに授業時数をふまえると難しいので,地理的分野の各学習場面を探究的学習活動の練習課題としてとらえられ,るように,これまでの方法に加えて工夫を試みた。
本文を読む

https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4700&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報