紀要論文 滋賀大学教育学部(大津市平津) における降水の特徴 : 1991年1月~2009年12月のデータに関する考察
シガ ダイガク キョウイク ガクブ (オオツシ ヒラツ) ニ オケル コウスイ ノ トクチョウ : 1991ネン 1ガツ カラ 2009ネン 12ガツ ノ データ ニ カンスル コウサツ
Character of Precipitation Collected at the Otsu Campus of Shiga University Discussions on Data during the Period from January 1991 to December 2009

水上, 善博  ,  川嶋, 宗継

(66)  , pp.135 - 141 , 2017-03-31 , 滋賀大学教育学部
ISSN:2188-7691
NII書誌ID(NCID):AA12714371
内容記述
1991年1月から2009年12月までの19年間に滋賀大学教育学部キャンパスに降った雨の特徴を概観し、3つの新しい知見について報告する。具体的には、雨と雨の間隔日数、風向き、最高気温のそれぞれと溶存イオンの濃度との関係を考察する。雨と雨の間隔日数が開くと濃度が上昇するイオンがあった。また、風向きによって濃度の違いが大きいイオンがあった。さらに、最高気温が低いときに顕著に濃度が高いイオンが見出された。
Character of the precipitation collected at the Otsu campus of Shiga University is reviewed. New results for dissolved ion concentrations are reported from three viewpoints. Concentrations of some ions increase according to wide interval between rainy days. Wind direction affect the ion concentrations.Relations between highest temperature and ion concentrations are discussed.
本文を読む

https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1866&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報