紀要論文 「判断のゆさぶり」を意識した道徳授業の実践
The Challenge of Moral Lesson of Conscious Thought "The Questioning of Judgement"

七里, 広志  ,  橋本, 正輝  ,  北村, 拓也  ,  林, 秀樹  ,  澤田, 真実  ,  多田, 尚平  ,  太田, 聡

24pp.29 - 34 , 2016 , 滋賀大学教育学部附属教育実践総合センター
ISSN:1340-8615
NII書誌ID(NCID):AN1042760X
内容記述
 本校では判断に着目して,校内研究を進めている。その中で,「判断のゆさぶり」といった具体的な学習活動における場面の設定,思考ツールの活用などを実践している。道徳は「判断のゆさぶり」場面が重要な学習活動であり,日常生活においてより適切に道徳的な判断ができる生徒を育てたい。そこで,本校が各教科でこれまで実践してきた「判断のゆさぶり」を活用し,その具体的方法として資料の複数提示や思考ツールを活用した道徳の授業を構築した。
本文を読む

http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/14782/1/paideia24pp.29-.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報