紀要論文 第3章 総合的な学習の時間,特別活動等の研究 第1節 論理的に思考・判断・表現する総合学習「BIWAKO TIME」の実践(2年次)

北村, 拓也

(58)  , pp.116 - 123 , 2016-03
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
本校が取り組む「BIWAKO TIME」は,32年に及ぶ長い歴史を持ち,全校体制で取り組んでいる総合学習である。時代とともに少しずつ修正と改善を重ねながら現在に至っており,「郷土である滋賀」を学習フィールドとし,「学び方を学ぶ」調査研究型の学習を継続している。生徒たちが卒業後の人生においても活用できる「生きる力」を養う学習の場として,本校独自の研究課程である「情報の時間」とともに,必修教科等の学習で得た知識や体験を生かし,より活用できる「学び」へと再編することや,学習指導要領に則した授業時数に対応させつつ展開してきた。昨年度より本校の研究と絡めて,「論理的」をキーワードにBTを進めている。特に本年度は,「計画を立てる」,「調査研究をする」,「思考する」,「整理する」,「発表する」といった各場面の中で,「論理的」を意識し学習に取り組めるように活動内容を組み立てた。時に,思考ツールの活用に力を入れ,一昨年よりより使い始めた「ピラミッド・ストラクチャー」の活用については,昨年度より書いてある情報量が増えており,昨年度のBTの経験や情報の時間の学習が活かされいると感じた。また,本年度は三角ロジックも本格的に活用した。その中で,「主張」と「論拠」と「事実」をつなげということに関して,課題が見られた。
本文を読む

http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/14747/1/58%20%e7%b7%8f%e5%90%88%20%e5%8c%97%e6%9d%91.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報