紀要論文 第2章 必修教科等の研究 9 英語 コミュニケーション能力の向上を目指した授業づくり ―4技能の総合的な育成や発信力の向上をめざす工夫―

澤田, 真実

(58)  , pp.98 - 103 , 2016-03
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
外国語の言語活動を行う際に重要なのは,学習指導要領にもあるように「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度」と「コミュニケーション能力の基礎」である。すなわち,「話そうとする勇気,話したいと思う気持ち」「話す内容」「話す方法」であると考える。それらを身につけるためには,Input・Intake・Output の3 つの段階を授業の中に計画的に仕組んでおき,その中で生徒たちが学んだ英語を「使える英語」として適切に,また即興的に運用できるような指導の工夫が必要である。伝えたいことを伝え合える力の育成を目指した授業を創造する上で,生徒にルーブリックによる「見える評価」を提示することで,コミュニケーション能力,また,前に示したコミュニケーション活動に必要な3 つの要素も,同時に身につくと考え主題を設定した。
本文を読む

http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/14744/1/58%20%e8%8b%b1%e8%aa%9e%20%e6%be%a4%e7%94%b0.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報